LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE TOUR「THE LUNATIC – A Liberated Will-」@ 横浜アリーナ(日本語バージョン) 2014/12/23

結成25年という重要な節目で、LUNA SEAは久々の全国ツアーを開催してファンたちと共に今年を過ごした。イブの前日、14年ぶり、神奈川県出身のメンバーたちは故郷に凱旋し、築成25年の横浜アリーナにて2014年最後のライブを行い、総計1万5千のSLAVEに特別なクリスマスギフトを届けた。

This slideshow requires JavaScript.

「いつからか、12月23日は僕たちの専属ブラック・クリスマスになってしまった。最高じゃない?イブのイブって!」ボーカルのRYUICHIの言うとおり、LUNA SEAの25回目のブラック・クリスマス、ここ横浜で始まった。

会場を響き渡ってるのは待ちきれないSLAVEたちの拍手。奥まで見渡すと、恒例の黒服の他にクリスマスコスチュームを着たファンも少なくなかった。その時、暗転。深海のように一変された、冷たい青色照明で染められた空間で流れているのは美麗なる月光奏鳴曲。メンバーがそれぞれ舞台に姿を現れ、絶えないメンバーコールと拍手を浴びていた。

白い一束のライトが差された同時、SUGIZOはエレクギターを鳴らし、彼らは堂々と未来へ向かうと人々に告げているよう、新しいアルバム『A WILL』の一曲目「Anthem of light」を差し上げ、当日の公演はバンドの歴史に新しいページを刻み始めた。人気ナンバー「Dejavu」でまだイントロのうちに、会場で一気熱くなってきた。花火の炸裂の中に、「YOKOHAMA ARENA」とRYUICHIの叫びに興奮させたSLAVEたちは巨大な会場も揺れさせたかに激しくヘドバンしたり、ジャンプした。

「今夜25周年のツアーが終り、今年最後の横浜アリーナ。LUNA SEAの生まれ故郷アリーナで、最後の打ち上げ花火を上げたいと思います!」「俺たち五人が同じように全員が仲間で全員がライバルだよね。みんな全員がライバルだし仲間だからさぁ、お前らはメンバーだし」「25年前はね、このバンドは如何なってるのか25年後のことなんで何にも考えてないだけど、絶対勝てるだと思う俺たち。でもその時間に立てるのは、ずっと支えてくれでたのみんなのお陰です。」RYUICHIの話から、バンドとファンの間にある厚い絆が感じられるだろう。

REBOOT以降の新曲を今回セットリストの軸とされた。再びステージで集結した5人が展示する技術とパフォーマンスはまたいっそう深く進化してきた。オトナ魅力が溢れる「Rouge」でSUGIZOの咲き乱れるギターの演奏と、Jの威力と厚みを兼ね備えているベースのサウンドが共演するうちに、赤に染められた会場の中にいる人々の息を止めさせた。濃厚なグルーブ感でLUNA SEAの「現在」を宣告。

もちろん、これがLUNA SEAぞという定番曲も忘れてはいけない。さらにアップグレイドされた「Jesus」。「Jesus don’t you love me !」とJが口で叫び、胸で十字を切った。彼に負けないように、RYUICHIはマイクスタンドを手にして「COME ON」と大きな声を揚げた。熱くて疾走感満載するメロディラインの中に、かつての夢高き少年たちの面影と激情を思い出させた。続いて新曲「乱」はさらにその激情を延長。5人のメンバーそれぞれを象徴する水・火・木・土・風の映像がプレイされ、彼らが互いを補足してるという一体感がら伝わっていた。

まるで戦場と化かされた現場は、「Last World」が披露する瞬間から月の海ならではの静かな雰囲気に一変。INORANの冷静で清らかなピアノサウンドで展開された「MARIA」。後ろに上がってきた教会堂のステンドグラスを彷彿させる投影がファンたちをいっそう歌の世界に吸い込めた。そして「GLOWING」。歪みながら華麗なるギターサウンドをプレイするSUGIZOが、再び類いない歌唱力の持ち主RYUICHIと競演。

会場の中に暗転すると、2人のギタリスト各自でバイオリンとアコースティックギターを持ち、貴重なセッションパフォーマンスを披露。光がSUGIZOに向かって当たる同時、バイオリンの美しい音が響いている。一方、INORANがアルペッジョで合わせて演奏。この相性高い2人しかできない、刻々に変化するオーロラのような楽章に誰も溺れるはずだ。

ドラムの真矢が早期バンドが愛用されていたオープニングミュージック――Dead can danceの「Ocean」をソロに決めることでファンたちにサプライズを与えた。宗教的な楽曲でよくある合唱と心臓を狙う強力なパンチ、力と美しさの溢れるドラムサウンド、流暢なリズム感、1つ1つの真矢コール・・・最後の敲きが花火を大炸裂。

そんな中に、後半戦に入るにつれ、ほかのメンバーもステージに戻ってきた。Jの絶叫と伴い、「Tonight」が放たれた。INORANがステージの中央部にRYUICHIと競演する一方、JとSUGIZOもそれぞれステージの左右に駆け、参加席も含まれステージ下のファンたちと交流した。

「雨は2015年もうやめようかと思って、つまり晴れるということだよ。今日も晴れてるだから、俺たちはね、天災バンドといわれてるですけど、バカのほうじゃないからね、なんかSUGIZOは今ね晴れてる俺の陰だけど。」とRYUICHIの妙なMCでステージ上下一同爆笑させた。さらに、久々の全国ツアーにも追いついてきたためエネルギーと感動も一杯一杯もらったことを彼が心から感謝したという。

Jのベースソロも熱気が溢れていた。ギターのネックに「wake up!mother fucker!」という言葉を書かれている新しい武器で、彼はドライブ感抜群の低音で会場を制圧。こういった煽りで、会場はまるで燃焼するように熱気に満ちられた。「The End Of the Dream」「Time is Dead」でさらにテンションを上げさせた。INORAN、J、RYUICHI、SUGIZO、4人がステージの前方に集まってパフォーマンスするシーンも多くの人に強い印象を焼き付け。

ここに持ってきたのは名曲の「ROSIER」!先日さいたまスーパーアリーナ公演で、Jは恒例のマイクスタンドを後方へ放り投げるパフォーマンスが失敗したが、今晩だけは成功するしかないかとついに見事にできた。新しいアルバム『A WILL』は今のLUNA SEAが将来の自分への「遺言」だとするなら、昔自分自身に向けて書いたこの歌は今のLUNA SEAへの「遺言」だ。過去と現在。その比較対照を踏まえ、終幕またREBOOT、消せない「過去」がなければ「現在」はないが、彼らには振り返ることはなく、全身全霊で前方を進むことだけ。

怒涛的な攻勢が終わる本編の最後に、包容力のある海のようにやさしく広い「absorb」だ。「来るはずも無い 未来のその先の/引き返せない/時空の狭間に立つ」といった歌詞で、LUNA SEAの「現在式」が明瞭でき、SLAVEたちにとっては奇跡ではないか。

次々にステージを離れるメンバーを見送るにいられなく、すぐアンコールの拍手と声が聞こえた。1万5千名のファンが大合唱した「Silent Night」が横浜アリーナの中に響き渡れ、印象深かった。赤いサンタ帽子を被って登場したメンバーの姿でファンたちを喜ばせたが、もう1つクリスマスギフトも用意された――ジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス (戦争は終った)」

そして、メンバー紹介の時、SUGIZOが「横アリ浜ーナ、横アリ浜ーナ・・・お前らいい塩梅かーっ」と叫びを上げた。この話は意味が深いのだ。なぜかというと、X JAPANのhideとSUGIZO二人は〈じーさんいい塩梅〉という筋肉少女帶の曲が好きので、よく「いい塩梅」でお互いに挨拶していた。かつて、SUGIZOがhideと賭けをして負けたのかけて、野音公演で「いい塩梅」を話したということもあった。今年X JAPANが横浜にライブをやった時、ボーカルのToshIもこの言葉を使ってしまった。長いファンなら、決して會心の笑みが浮かぶだろう。最近のライブ表現が多彩になってきたが、INORANは逆に以前寡黙の時期と同じく、RYUICHIに近付いて耳打ち、「皆さん、INORANが”愛してる”だって!、……そして、thank you very much!」とRYUICHIがINORANの代わりに話した。Jはいつものように「横浜最高!」と全力で叫んだ。真矢は埼玉に起こった「I LOVE YOU OK?」という笑い話を続け、今夜は「I’m fine thank you!」という話でまた笑いを誘った。SUGIZOに「宇宙一のボーカル」と言われたRYUICHIが今年3月14日に大阪城HALLで25週年ツアーファイナルをやるという情報を発表した。

楽しい雰囲気が溢れているアンコールの中で、一番盛り上がるのは「WISH」だった。クリスマスにふさわしい赤と金と緑のテープがみな「I WISH!」と叫ぶ同時に発された。ファンがみんなテープを持ってメロディーに乗り、自然に手振りしていた。曲が終わって、会場には大喝采が呼び起こしてきた。「メンバーといると日々歴史が刻まれていく感じがする」、

「今日来てくださたみんな様、俺たちの終幕以降空白の十年を埋めってくれますどうもありがとうございます!」とRYUICHIが語った。

「最後、「Grace」!」とRYUICHIが語って、音楽が流れ始める。《A WILL》の最後の曲とされ、オープニングの<Anthem of light>と照らし合わす。優しくて感情の溢れたメロディーで、この奇跡的な夜が終わった。5人が手を繋いだ時、隣の人が誰でもかまわなく、客席の皆も手を繋ぎ、スデージの上に立つ5人と一緒にジャンプした。ここまで口を利いてなかったINORANが「14年経って、俺らをここに連れてくれくれてありがとう!これからもよろしく!」と話した。「奇跡的な夜!Merry Christmas!」とJが大きな笑顔を見せた。SUGIZOがフロアに降りてファンと対話して、騒ぎを起こし、お辞儀をした。

このSLAVEの日に、2014年LUNA SEA最後の演出として、始めるところのような明るい感じを伝えた。彼らはきっとずっと今しかない「現在」で自分ならではの歴史と伝説を刻んでいくだろう。

(按此閱讀中文版

SETLIST
1. Anthem of Light
2. Dejavu
3. Rouge
4. Jesus
5. 乱
6. Lost World
7. MARIA
8. Glowing
9. Violin & Acoustic Guitar Jam
10. Drum Solo
11. Tonight
12. Thoughts
13. Bass Solo
14. The End of the Dream
15. Time is Dead
16. Rosier
17. absorb
ENCORE
18. Happy X’ Mas (War Is Over) John Lennon cover
19. BREATHE
20. Metamorphosis
21. PRECIOUS
22. WISH
ENCORE II
23. Grace

VROCKHK
記事:JIE
編 :黑尾巴
翻訳:異形
写真提供:LUNA SEA Official

VROCKHK

VROCKHK 主站 WEBSITE:http://VROCKHK.com 推特 TWITTER:http://www.twitter.com/VROCKHK 臉書 FACEBOOK:http://www.facebook.com/VROCKHK 微博 WEIBO:http://weibo.com/VROCKHK YOUTUBE:http://www.youtube.com/user/VROCKHK 電郵 EMAIL:info@vrockhk.com

%d bloggers like this: