L’Arc~en~Ciel「25th L’Anniversary Live Day 2」2017/4/9

L’Arc~en~Ciel的成軍二十五週年慶典來到第二天,氣氛只有更熾熱同時更讓人感動。場內燈光一暗,場內的五萬五千人便報以雷動的歡呼聲,ELLIE CRANC穿越時空回到過去就是挽回這個「L’Arc~en~Ciel 25th L’Anniversary Live」的影片再一次播放,然後舞台上的屏幕與舞台上的燈光將巨蛋室內染成七色彩虹,四子分別站在台上,隨著hyde以渾厚聲線唱出名曲〈虹〉的一句「時は奏でて想いはあふれる」為這夜拉開序幕。

Read more

ガゼット十五週年記念公演【大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」】2017年3月10日@國立代代木競技場第一体育館

2002年3月10日,ガゼット第一場公演在小小的目黒鹿鳴館舉行。貝斯手REITA說最初動員僅十八人。十五年後的今天,樂團來到國立代代木競技場第一体育館,門票公開發售後瞬間售罄,這次十五週年紀念公演「暴動区 愚鈍の桜」動員一萬三千人。作為一隊出身關東的視覺系樂團,在十五年間即使經歷重重困難都堅持著自己理念不斷前進,並得到世界上不同國家、不同語言和文化的人的欣賞和認同。由ガゼット到the GazettE,樂團在成軍第十五個年頭決定回到初衷,以「大日本異端芸者 」之名號召樂迷到「暴動区」集結!

Read more

the GazettE十五週年紀念公演「暴動区 愚鈍の桜」圓滿結束(協力:Facebook “@Theheresythegazette”)

2002年3月10日,the GazettE以「ガゼット」名義成軍。十五年後,the GazettE在這個成團大日子於国立代々木競技場第一体育館舉行紀念公演『暴動区 愚鈍の桜』,歌單包括由樂迷投票選出〈貴女ノ為ノ此ノ命。〉、〈Cassis〉甚至〈未成年〉等多首經典樂曲,以「大日本異端芸者」寫下樂團新一頁里程碑!

Read more

Raphael Live 2016「悠久の檜舞台」第弍夜黒中夢2016/11/1 @ Zepp Tokyo(日本語バージョン)

音楽と癒しを司る天使・Raphael。1997年、YUKI(Vo.)、華月(Gt.)、YUKITO(Ba.)、そしてHIRO(Dr.)、まだ16歳だった少年たちがRaphaelを結成し、その翌年に高校を中退して音楽の旅に出た。インディーズ時代にリリースされた数々の作品たちは十代の若者が作ったとは思えないほどのクオリティー、そして完成された世界観がリスナーの心を鷲掴みにし、瞬く間にメジャーシーンに進出した。2000年の春、自分たちにも卒業式を開きたいと、僅か18歳の若さで日本武道館のステージに立ったことは、今でも語り継がれる伝説となった。しかし、その年の10月31日に、ギターの華月がこの世を去ったと同時に、Raphaelの夢も凍り付いたままだった。 2016年、華月の誕生日に行われた記念公演「蒼の邂逅」をもってRaphaelが活動を再開した。最後の全国ツアー「癒し小屋」と主催イベント「天使の檜舞台」を経て、華月の命日である10月31日、そして翌日の11月1日にZepp Tokyoにて「悠久の檜舞台」と題した解散公演を決行した。「白中夢」と「黒中夢」、二日間に渡って長年の思いが詰まった素敵なステージを見せ、19年の歴史に幕を下ろした。

Read more